忍者ブログ
  • 2020.03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2020.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/04/02 06:50 】 |
里の秋祭り


 昼ごはんにイガミの煮つけをご馳走になった。実に美味。あまりの美味しさに二皿目を申し出ると、「ようけあるさか食べよし」と気前よく出してくれた。イガミの煮付け、実は小さい頃からの大好物なのである。

 この時期に紀伊半島を走っていると各地で秋祭りと出会う。地元に若者が少なくなり、いくつかの地域では祭りも消えかけていると、そんなことをよく耳にする。だが、ここの秋祭りは幸いにして若者たちが多くにぎやかだ。

 「松の木のオンとメンの区別ら、きょうび誰もわかるもんか」と、お笠づくりをしていた古老がいう。 松にオスとメスがある! だが、そんなことを知る機会が若者にはない。山に入ることなどないからだ。

 お笠のてっぺんに稲穂と松の小枝をくくりつけるわけだが、古老の言い分もわからない訳ではない。しかしだ、やはりこだわりたいと思うのだ。 「オンは黄色っぽい花が、メンは赤っぽい花が咲くんや」と、何十年も前に親父に聞いたことがある。
 
 祭りのころになるとそれを思い出す。






PR
【2011/11/15 10:43 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<妙心寺 | ホーム | 大斎原(おおゆのはら)>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]